アダルトアフィリエイト

アダルトサイト運営で無料ブログがおすすめできない理由

昔はアダルトサイト運営と言えば、無料ブログサービスを利用して運営する人が非常に多かったです。

しかし現在では、レンタルサーバーを借りてWordPressを利用してアダルトサイトを運営するのが主流です。

なぜ無料ブログでのアダルトサイト運営が廃れ、今ではWordPressが主流なのか。これを解説していきたいと思います。

無料ブログは制約・制限が多い

無料ブログサービスは守らなくてはならない制約・制限が多く、アダルトジャンルだとなおさらです。

よくアダルトジャンルで利用されていた無料ブログサービスをそれぞれ見てみましょう。

FC2ブログの場合

fc2
言わずと知れたアダルトジャンルに強い無料ブログサービス、FC2ブログ。

一見なんでもありな感じですが、決してそうではありません。

FC2はアメリカの法令に則っているため、日本とは微妙にアウトの線引きが違います。

2016年現在、近親相姦や獣姦、レイプ、ロリ系のジャンルを強く取り締まっていて、そのようなコンテンツのあるサイトは問答無用の凍結をしてくる場合があります。

その代わりと言ってはなんですが、FC2ブログは無修正には寛容な傾向にあります。(無修正OKというわけではありません)

また、FC2自体に警察沙汰が非常に多く、正直利用者目線で考えると不安が残ります。

ライブドアブログの場合

livedoor
2chまとめのイメージが強いライブドアブログですが、アダルトサイト運営も一応可です。

昔はライブドアブログで運営している大手アダルトサイトは多かったのですが、ライブドアの方針が変わり、多くのサイトが移転を余儀なくされました。

そしてなによりおすすめできない理由として、ライブドアはスマホ版でライブドアの広告が強制表示されます。これがものすごく痛いのです。

今時のアダルトサイトはよほど偏ったジャンルでない限り、スマートフォンからの流入の方が多いです。

そのメインの収益になるはずのスマホ版の良い場所にライブドアの広告が表示されて邪魔されてしまうのですから、大ダメージです。

もちろんライブドア強制の広告がいくらクリックされてもサイト管理人の収益には一切ならず、ライブドアの収益になります。

その他の無料ブログ

そもそもアダルト利用が不可なブログサービスがほとんどです。

無料ブログのリスク

無料ブログサービス最大のリスクは、ブログサービスの終了です。

無料ブログは会社の都合で突然サービスが終了してしまったり、突然アダルト利用不可になる可能性があります。

独自ドメインでバックアップもあるのならばまだ引っ越しできるかもしれませんが、ブログサービスのドメインで運営していた場合はそのまま一緒に終了となります。

それに移転できたとしても、無料ブログからの引越しはかなり面倒です。

なぜWordPressが良いのか

wordpress
無料ブログがおすすめできない理由を解説しましたが、WordPressの何が良いのか見てみましょう。

世界一利用されているCMS

WordPress(ワードプレス)とは、オープンソースのブログソフトウェア。

CMS(コンテンツ管理システム)としては、世界一のシェア率を誇る有名ツールです。

全世界の4分の1のサイトがWordpressで作成されているという調査結果が判明しています。

ブログソフトウェアと言っても、企業のHPとして運営したり通販サイトとして運営されていたりと、利用用途は多岐にわたります。

誰でも簡単にサイトを作れる

昔は自分でサイトを作るとなると、そこそこの知識が必要でした。

しかし現在はどこのレンタルサーバーでも、知識不要で簡単にWordPressサイトの設置が可能。

多くのレンタルサーバーでWordPressの自動インストール機能があり、テンプレートやマニュアルも充実していて、完全な素人でもあっという間にサイトが出来上がる時代です。

無料ブログよりもSEOに強い

SEOとは、GoogleやYahooなどの検索エンジンにおいて、検索順位の上位に表示させる施策のことを言います。

実際に大きなアダルトワードで上位表示されているアダルトサイトを見ればわかりますが、無料ブログはほとんど存在せず、WordPressで作られたサイトは多く存在しています。

その時期のSEOのトレンドにも寄りますが、基本的には無料ブログで大きいワードの検索順位を上げるのは難しいのです。

サイト運営の自由度が高い

WordPressは深い知識がなくても、テンプレートやプラグインを利用することで、思い通りにサイトをカスタマイズすることができます。

サイトデザインはもちろんのこと、コンテンツや機能、広告配置やSEOなど、自分流のアダルトサイトを追求できるということです。

無料ブログだとそうはいきません。必ずあれが出来ないこれが出来ないということになります。

WordPressでサイトを作ろう

上記で解説した通り、レンタルサーバーと契約しWordPressを利用することで、無料ブログにはできない多くのことが可能となり、突然の凍結や移転などのリスクも抑えることができるのです。

WordPressでサイトを作ると言っても、大して知識は必要ありません。私が初めてレンタルサーバーを契約したとき、CSSやPHPといった言葉すら知らなかったですし、知らなくても問題ありません。

各レンタルサーバーの公式HPにあるマニュアルを見ながら進めていけば、誰でも自分だけのアダルトサイトを作ることができます。

関連記事
アダルトサイトでよく使われているWordPressのテーマ(テンプレート)

レンタルサーバーを借りてWordpressを導入したら、テーマ(テンプレート)を決めなくてはなりません。 今回は実際にアダルトアフィリエイトサイトでよく使われているアダルトOKのテーマを、有料無料問わ ...

管理人が選ぶおすすめアダルトレンタルサーバーTOP3

第1位.mixhost

mixhost

アダルトサイト|日本語ドメイン|月額880円~

アダルトOKの超定番レンタルサーバー。アダルトはもちろん一般ジャンルでも人気。

全プランでSSL標準対応、SSD・高速サーバー「LiteSpeed」採用、自動インストール有り、自動バックアップ有り。

FTPソフトが使えなくてもコンパネとファイルマネージャーで感覚的に簡単操作。使いやすくてコスパも高い。

旧プランではアクセス障害が頻発していたが、新プランとなった現在では非常に安定している。

今なら初期費用完全無料。現在「ドメイン永久無料」と「プレミアム以上プランの半額キャンペーン」を実施中。

第2位.カラフルボックス

アダルトサイト|日本語ドメイン|月額880円~

アダルトOKの人気レンタルサーバー。アダルトはもちろん一般ジャンルでもよく使われている。

全プランでSSL標準対応、SSD・高速サーバー「LiteSpeed」採用、自動インストール有り、地域別自動バックアップ有り。

FTPソフトが使えなくてもコンパネとファイルマネージャーで感覚的に簡単操作。使いやすくてコスパも高い。

お試し期間が30日間と長期。3ヶ月以上なら初期費用無料。現在「初回契約が半額キャンペーン」を実施中。

第3位.FUTOKA

アダルトサイト|日本語ドメイン|月額780円~

完全な初心者ならここ。電話サポートがあり、サイトの設置・設定・運用までの敷居の低さが最大の魅力。

自動インストール、自動バックアップ有り。FTPソフトが使えなくてもコンパネとファイルマネージャーで感覚的に簡単操作。

さらにSSDプランの提供が開始され、最近では高速サーバー「LiteSpeed」も導入。表示速度と軽快さが大幅パワーアップ。

初期の頃は重い・落ちると評判が悪かったが、改善を重ねた現在では非常に良好。

-アダルトアフィリエイト
-, ,